8/11 ゴマの花


 

台風が過ぎ去った、やさい畑。

IMG_9153.JPG

6月中旬に種を蒔いた、「金ゴマ」の花が咲きました。

 

「種」は、料理の仕上げにパラパラとよく使いますが、

あの粒々から、「花」の姿は、なかなか想像できませんよね。
薄桃色の花弁は、下の方がやや長い「受け口」になっています。

 

これから実を着けていって、9月の末頃に収穫の予定です。

 

 

ところで・・・トウモロコシが何者かに狙われています。

 

地元の方によると、イタチの仲間「テン」らしいのですが、

人がいない時にやってきては、大きくなりかけたモノから食べていきます。

 

それも、ただ闇雲に食べるのではなく、ちゃんと味を確かめているようです。

 

さかのぼること、1週間。まだ実がふくらみ始めた頃は・・・

IMG_9011.JPG

ちょっと食べただけで、やめています。

 

そして、今日。

IMG_9175.JPG

だいぶ大きく膨らんでいた、一つ一つの粒をしっかり食べています。

ヒトが食べたのかと思うくらい、芯だけを残して、キレイに。

きっと甘みが増していたのでしょう。

 

このまま食べ続けられると全滅しそうな勢いですが、どうしようか迷っています。

 

ヒトは食べて良し。犬も良し。・・・でも、他の動物はダメ。

 

こういう考え方が、どうもすんなり入って来ません。

自然の中に畑を借りている身としては、身勝手な気もします。

何か対策をすべきなんでしょうけれど・・・。

 

うーん・・・。

 

つづく。

 


Leave a Reply