「犬と暮らす。」ことは、人間が「生命」を預かること。
日々の中では忘れてしまいがちな、そのこと。

 

畑には、作物以外にも、
雑草が生え、動物や虫たちがやって来ます。
人間がその「生命」を預かり、
循環させていくことで、野菜はできます。

 

蒔いた種が芽を出し…根を張り…雑草と争い…花を咲かせ…実を着ける。
長い時間と手間を掛けて、畑の中で、「生命」を感じ、
その「生命」を、自分の手で、共に暮らす「生命」へと与える。

 

それは、想い直すきっかけになるのではないのでしょうか?
「犬と暮らす。」ことの意味を。
「生命」を預かることの責任を。
そんな「犬のための畑」…ただいま、準備中。
一緒に作りたい!という方は・・・

 

畑の様子を知りたい方は・・・